ローソン、冷凍食品のピラフ6万5000食を回収 「壁」が混入

印刷

   コンビニ大手のローソンは、オリジナル冷凍食品「ローソンセレクト海老ピラフ」に製造工場の壁の一部が混入していたため、6万5640個を自主回収すると、2015年7月16日に発表した。回収の対象は、賞味期限が「2016年5月13日」となっている商品。異物は縦・横5ミリほどのモルタル片だったという。

   お客から2件の申し出があって調査したところ、製造を委託しているテーブルマークの製造工場内で、壁面清掃の際に壁の表面のモルタルの一部がはがれ、製造時に商品に混入したことがわかった。

   ローソンは、「お客さまにご迷惑とご心配をおかけしてお詫び申し上げます。再発防止と徹底した品質管理に努めていきます」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中