女性の「デリケートゾーン」ケアが普及し始める 脱毛や専用石けんの使用からクリニックでの手術まで

印刷

   海外の女性には「常識」とされるデリケートゾーンのケア。日本でも密かに浸透し始めているらしい。

   毎年、モナコで開催される国際アンチエイジング医学会(AMWC)。世界中から専門家が集まり、アンチエイジング医療に関する最先端の研究発表が行われるシンポジウムだ。展示会場には最新の医薬品や医療機器などが展示され、各国のアンチエイジング事情を知ることができる。

  • 見えないからと手を抜いていると、ニオイやかゆみの原因に
    見えないからと手を抜いていると、ニオイやかゆみの原因に

ファッションリーダーがSNSなどで話題に

   2015年3月に開催された第13回AMWCに参加したある医師によると、「今回はデリケートゾーンのエイジングケアに関する研究が目立った」という。デリケートゾーンの美容外科治療をテーマにセミナーが開催され、朝8時から18時まで4部構成で行われたセッションでは、最新の治療法などが紹介された。

   欧米では女性がデリケートゾーンの脱毛や、専用石けんを携帯するなど日常的にケアをすることは一般的で、当然のエチケットと考える人も多い。最近は日本でも女性誌をはじめ、メディアで「膣のエイジングケア」が取り上げられ、関心が高まっている。ネットで検索すると、デリケートゾーン専用の石けんやウェットシート、携帯用の使い捨てビデ、美白クリームなどさまざまな関連商品がヒットする。また、美容クリニックでも脱毛をはじめ、ニオイや黒ずみの解消から大きさやかたちを整える形成手術を行っているクリニックも少なくない。デリケートゾーンケア市場が密かに広がっていることがうかがえる。

   こうした背景について、アンチエイジング医療に詳しい近畿大学奈良病院皮膚科の山田秀和教授は、「清潔の概念が基礎にある」と言う。「性生活の文化的な背景も関係していますが、特にフランスではデリケートゾーンをケアする習慣が根付いていて、ビデ専用の洗浄剤が以前からありました。最近では日本でもサニタリー商品として認識されつつあります。除毛や脱毛に続くデリケートゾーンのケアが普及してきたのも、留学などで欧米人と共同生活をする機会が増えたことや、ファッションリーダーがSNSなどで話題にし始めたことが影響しているのでしょう」

   しかし、日本ではまだなじみが薄い専用製品の使用について、山田教授は「過剰に清潔にすると膣内の細菌叢のバランスを崩し、細菌感染が起こりやすくなる可能性があります」と懸念する。専門家による正しいケア法を知ることが重要だ。

「悩みや気になることがある」人は92%

   衛生用品大手ユニチャームが10~40代の女性を対象に実施したアンケート調査(2014年2月)によると、デリケートゾーンのケアに「関心がある」と答えた女性は95%で、「悩みや気になることがある」人は92%と、関心の高さが浮き彫りになった。悩みの内容で多いのはかゆみやニオイ、ムレ。黒ずみや乾燥が気になるという回答も見られた。

   しかし「デリケート」な話題であるだけに、他人には相談しにくい悩みだ。今や美容外科ではさまざまな治療が可能だが、ある程度はセルフケアで予防、改善できる。

   かゆみやムレ、においについては、清潔を保つのが一番だ。デリケートゾーンにはおりものなどの分泌物や尿などが付着し、雑菌が繁殖しやすい。入浴時にはしっかりと洗う習慣をつけよう。ただし皮膚が薄いので、石けんをよく泡立てて、指の腹でやさしく丁寧に汚れを落とすこと。経血やおりもので汚れたときは下着やナプキンをこまめに取り替える、ショーツは通気性の良いものを選ぶなど、ちょっとした心がけでかゆみやムレ、ニオイを防ぐことができる。

    それでもかゆみを感じる場合はカンジダ膣炎という病気の疑いもある。また、ニオイに関しては「すそワキガ」といい、性器の周りのニオイを発する汗腺が人より多いとニオイがきつくなるケースも。いずれもセルフケアで解消するのは難しいので、専門家に相談するとよいだろう。

   デリケートゾーンは肌が薄く色素沈着を起こしやすい。締め付けの強い下着やタイトなジーンズなどを履いていると摩擦で黒ずみが生じることもある。まずは下着のサイズや形状を見直し、刺激を軽減したい。素材も綿など肌にやさしいものを選び、きついジーンズよりスカートを履くなど、デリケートゾーンを意識することが大切だ。

[アンチエイジング医師団取材TEAM/監修:山田秀和 近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長]


アンチエイジング医師団

「アンチエイジングに関する正確で、最新かつ有効な情報」を紹介・発信するためにアンチエイジング医学/医療の第一線に携わるドクターたちが結成。 放送・出版などの媒体や講演会・イベント等を通じて、世の中に安全で正しいアンチエイジング情報を伝え、真の健康長寿に向き合っていく。HPはhttp://www.doctors-anti-ageing.com 2015年4月1日から医療・健康・美容に関する情報サイト「エイジングスタイル(http://www.agingstyle.com/)」の運営も開始。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中