巨人「胴上げ投手」の栄光は不滅だ 星飛雄馬のモデル高橋一三さん死す

印刷

   2015年7月14日、多臓器不全で亡くなった高橋一三さんは、巨人V9を支えた左腕のエースであり、漫画「巨人の星」のモデルだった。

   また一人、昭和野球界の星が消えてしまった。

  • 王貞治氏も「球史に残る左腕だった」と語る
    王貞治氏も「球史に残る左腕だった」と語る

すごみのあるサウスポー

   プロ野球の世界から身を引いた後、高橋は山梨学院大の野球部監督を務めていた。昨年春、体調を崩していたと聞いていたが、まさかこのような事態になるとは思わなかった。

   現役時代の高橋はすごみのあるサウスポーだった。自由競争時代最後の1965年に巨人入り。69年に22勝を挙げて主力となるのだが、すでに1歳下の堀内恒夫がエースとなっており、以後も常に「ホリ、カズミ」の順番で呼ばれることになった。

   ピッチングスタイルは典型的なオーバーハンドで、150キロクラスの速球と鋭いスクリューボールを武器とした。身体いっぱいを使って投げ下ろす迫力があった。いかり肩で左利き独特の動きが印象深く残っている。

   人気野球漫画「巨人の星」の主人公、星飛雄馬のモデルになったほどで、いかに個性的な投手だったかが分かる。

完投で日本シリーズ4連覇

   NO2の存在でありながら、チームの信頼度は高かった。それを証明しているのは優勝を決める試合に勝ち投手となる「胴上げ投手」に数多くなったことである。驚く実績は次の通りだ。

   ペナントレース5度=66年、69年、71年、72年、73年

   日本シリーズ4度=69年、70年、71年、72年

すべてV9時代のものである。

   ペナントレースの73年は9連覇を決めた年。阪神と甲子園で優勝をかけての最終決戦だった。9-0の完封勝利。試合終了後、阪神ファンがグラウンドになだれ込み、巨人ベンチに押しかけるという荒れた結末となった。

   出色は日本シリーズで、4年連続の快挙。いずれも完投勝利という快挙だった。「胴上げ投手のカズミ」と呼ばれたものだった。

   ふつうならもっと騒がれていい投手だったが、相棒の堀内はとにかく言動が派手で、高橋はいつもニコニコしながら後輩を見ていた。欲のない性格だった。

   同僚だった王貞治が「球史に残る左腕だった」と語った。高橋にとって何よりの言葉だろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中