静岡・西伊豆で川遊び中に2人感電死 近くに動物よけの電気柵

印刷

   2015年7月19日午後4時半ごろ、静岡県西伊豆町一色の仁科川支流で、人が倒れていると119番通報があった。警察と消防がかけつけたところ、子ども2人を含む男女計7人が倒れているのが見つかった。病院に搬送されたが、川崎市宮前区の男性(42)と別の男性(47)が死亡、残り5人も重軽傷を負った。川の土手に設置されていた高さ約1メートル、幅約10メートルの動物よけの電気柵が一部切れ、川に浸かっていたという。下田署は電気柵から川の水に漏電したとみて調べている。

   現場は仁科川の支流で川幅約8メートル、水深約30センチ。遊んでいた男性(42)と男児2人(ともに8歳)が倒れ、悲鳴を聞いて助けようと川に入った男性(47)、40代女性2人、70代女性も次々感電したという。

   現場周辺は山間の集落で、鹿やイノシシの食害を防ぐため多くの家が畑に電気柵を設置しているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中