東芝の不適切会計、第三者委が報告書「経営トップら組織的な関与」

印刷

   東芝が決算の営業利益を水増ししていた問題で、調査にあたった第三者委員会は「いくつかの案件では、経営トップらが見かけ上の利益かさ上げを目的にしていた」と組織ぐるみの不正を指摘した。2015年7月20日、委員会が報告書の概要を公表。報告書では、09年3月期から14年4~12月期で、あわせて1518億円の税引き前利益を水増ししていたとしている。

   報告書によると、利益水増しなどが「経営判断として行われたというべきだ」と指摘し、東芝の企業としての責任を厳しく指摘した。問題に関わった部長級以上の職員については「懲戒手続きを含む人事上の措置が望ましい」とした。

   水増しした利益の内訳は、インフラなどの「工事進行基準」に伴うものが477億円、パソコンやテレビなどの部品取引に関するものが592億円、半導体の在庫にかかる水増しが360億円、取引先などに請求書の発行を遅らせてもらい、経費の計上時期をずらす手法が88億円、あった。

   第三者委員会は、社長だった当時の西田厚聡氏や佐々木則夫氏らが各事業部門に対して、売上高や利益などの目標で「厳しいチャレンジ」を課し、強いプレッシャーをかけたと指弾。そのうえで、「上司の意向に逆らうことができない企業風土が存在した」と指摘している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中