遠藤五輪担当相を議長に新国立競技場計画全面見直し初会合

印刷

   政府は新国立競技場建設の全面見直し計画策定する関係閣僚会議の初会合を遠藤利明五輪担当相が議長となり2015年7月21日に首相官邸で開催した。会議のメンバーは菅義偉官房長官、下村博文文部科学相、岸田文雄外相、麻生太郎財務相、太田昭宏国土交通相。

   今後の新国立競技場建設計画は、15年9月を目途に競技場の規模や仕様、総工費などの計画をまとめ、16年初頭にデザインを国内外の事業者への公募したものから選定し本格的な設計に着手する。工期は約50か月強を見込み東京五輪・パラリンピックに間に合わせる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中