東芝株、乱高下 再び400円割れに

印刷

   東芝株が乱高下している。東芝の株価は2015年7月21日に一時、前週末終値に比べて5.8%高の398円60銭まで上昇したものの、22日は終値で前日比6円80銭安の393円10銭で引けた。東芝は20日夜、不適切会計を調査してきた第三者委員会の調査報告書の要約版を公表。経営陣の組織的関与を指摘したものの、「新たな悪材料が出なかった」ことが好感されて上昇。22日も寄り付き後に407円50銭まで上昇していた。

   東芝株は不適切会計が明らかになってから下落基調が続き、7月8日からは400円を下回る水準で推移。16日には一時、今年の最安値となる361円20銭をつけていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中