井上ひさしさん妻「関係者の承認得ていない」「残念」 「ひょっこりひょうたん島」舞台化に

印刷

   NHKで放送されていた連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の舞台化について、原作者の一人である故・井上ひさしさんの妻・ユリさんが2015年7月22日、反対する意向を井上さんの公式サイトで発表した。舞台は、劇団こまつ座の手掛ける漂流劇「ひょっこりひょうたん島」で、15年12月に東京で上演される予定。

   発表によると5月下旬、こまつ座から送られた「ひょっこりひょうたん島」舞台化の企画書などに「元作品は使用せず、新しい台本で作るので許諾をとる必要はないが、著作権者の理解を得たい」と記されていたが、ユリさんはこれに反対の意思を伝えた。

   さらに、著作権者への許諾申請を必要としないと考えるなら「ひょっこりひょうたん島」の名称や設定、キャラクター、役名は使用されるべきでない、と訴え、「半世紀にわたって愛され続けているこの国民的財産が、各関係者の承認を得ることなく、このような形で舞台化されようとしていることは非常に残念です」と述べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中