怪物・清宮、甲子園決めた 早実が大逆転で西東京代表

印刷

   第97回全国高校野球選手権の西東京大会決勝は2015年7月26日、東京・神宮球場で行われ、早稲田実業が8回表に一挙8点を奪って8-6で東海大菅生に逆転勝ちし、5年ぶり29回目の甲子園出場を決めた。

   超高校級のスラッガーとして注目を集める早実の清宮幸太郎選手(1年)は、8回表の攻撃で適時打を放ち勝利に貢献した。この試合では3万4572人の観衆が球場につめかけ、注目度の高さを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中