沢水使った流しそうめんで47人が食中毒 東根市

印刷

   山形県東根市で流しそうめんを食べた47人が下痢や腹痛など食中毒の症状を訴えた。沢の生水を使ったことが原因と見られている。県食品安全衛生課が2015年7月24日に発表した。

   食中毒症状が出たのは10歳未満から40代までの家族連れで、15年7月18日に同市と仙台市の男女80人が集まって田んぼの草むしりや川遊びを楽しんでいた。その際にスイカやかき氷、そうめんを食べ7月19日午前から発症した。そうめんは沢水を使い流しそうめんをしていて、村山保健所が調べたところ沢水は細菌やウイルスに汚染されている危険性が高いことがわかった。県食品安全衛生課は沢水をそのまま飲まないよう呼び掛けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中