つくば市、住民投票めぐりTBS番組をBPO申し立て

印刷

   茨城県つくば市は、住民投票で建設の賛否を問う総合運動公園について、TBSの番組が反対派にかたよった内容を放送したとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を申し立てた。

   申し立ては2015年7月17日付。TBS「噂の!東京マガジン」の4月26日と5月31日の放送内容が、事実の曲解やうわさをもとにした構成で「放送法に違背する放送と言わざるを得ない」と指摘した。

   総合運動公園は総工費305億円で建設が計画されている。住民投票は8月2日に投開票される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中