鎌倉訪れる韓国人旅行客が増加 お目当ては「スラムダンク」舞台の「聖地巡礼」

印刷

   神奈川県鎌倉市を訪れる韓国人旅行客が増えている。彼らのお目当ては大仏や湘南の海ではなく、人気バスケットボール漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の舞台をめぐる、いわゆる「聖地巡礼」だ。

   ただ、一部にはモデルとなった学校内に無断で入るなどマナーの悪い観光客がいて、地元は苦慮している。

  • 鎌倉高校前駅近くの踏切はアニメオープニングで登場
    鎌倉高校前駅近くの踏切はアニメオープニングで登場

聖地・江ノ電の踏切前で記念撮影

   スラムダンクは1990~96年に週刊少年ジャンプで連載されたバスケットボール漫画。主人公桜木花道と湘北高校バスケ部のチームメートたちが全国制覇を目指すストーリーだ。バスケブームの火付け役でアニメ化もされ、アジアを中心に世界でも広く愛された。

   作中では明示されていないが、物語の舞台は鎌倉だ。江ノ島電鉄の鎌倉高校前駅近くの踏切がアニメのオープニングで登場したり、鎌倉高校の体育館が作中のライバル校のモデルになっていたりする。鎌倉はファンにとって「聖地」なのだ。

   すでに海外ファンにも知られていて「巡礼」に来る人は多い。連載当時子どもだったファンが成長し、この数年特に増えているようだ。

   中でも増加傾向なのが韓国からの旅行者だ。韓国内のテレビ番組でも取り上げられたこともあり、最近も別のテレビ局が鎌倉で「スラムダンクのふるさと」として取材をしていたというネットの書き込みがあった。

   実際に鎌倉を訪れた韓国人のブログを見ると、漫画のシーンと実際の風景写真を並べて掲載することが定番らしい。江ノ電の駅構内の風景を「登校する時のシーンをそのまま再現したみたい!」と喜んだり、名場面の舞台でもある海岸で記念撮影したりしている。

   神奈川県が政府観光局や観光庁のデータにもとに推計した、県内を訪れた韓国人旅行者数は2014年で約17万人だ。県内のどこを訪れたのか統計はないが、箱根などと並んで、鎌倉を訪れる人が多いようだ。

校内に無断立ち入り「ほぼ毎日」

   一方で韓国人に限らず、聖地巡礼する海外旅行者がトラブルを起こしてしまう例もある。

   鎌倉高校によると、ライバル・陵南高校の体育館のモデルとなった同校の体育館を一目見ようと、無断で敷地内に入ってくる人は「ほぼ毎日いる」という。数年前から日本語のほか英語、中国語、韓国語で注意書きをしていたが効果はなく、2014年新たに大きな看板を設置した。それでも授業中だろうがお構いなしで、堂々とグラウンドを歩いて、体育館を撮影していく人がいるのだそうだ。実際に韓国人旅行者のブログでは「関係者以外立ち入り禁止と韓国語で書かれていた・・・」と報告しながらも、かっちり体育館を撮影しているものもあった。

   鎌倉高校前駅近くの踏切で記念撮影する人も多い。江ノ電によると、特にこの1年ほどで増えているという。車両が緊急停止するなどの大きな事故にはつながっていないが、遮断機が上がっている時にしばらく踏切内で立ち止まって、写真撮影する人がいるのだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中