東大講師のセクハラを認定、1126万円の賠償命じる 神戸地裁

印刷

   セクハラなどを受けたとして、兵庫県内の私大に勤める30代女性講師が東大大学院医学系研究科の男性講師(48)に損害賠償を求めた訴訟の判決が2015年7月30日、神戸地裁であり、寺西和史裁判官は、原告側の主張を認め、男性講師に慰謝料など約1126万円の支払いを命じた。新聞各紙が報じた。

   それによると、判決では、男性講師は、共同研究の打ち合わせと称して女性講師が泊まった部屋に何度も押しかけ、性的行為を強要するなどしたと認定し、逆らいにくい関係でありセクハラなどがあったと指摘した。女性講師は、心的外傷後ストレス障害 (PTSD)になったと被害を訴えたが、男性講師は、「好意があって性的関係を持った」と反論していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中