出光、昭和シェルと経営統合へ 33.3%出資、筆頭株主に

印刷

   石油元売り2位の出光興産と5位の昭和シェル石油は、経営統合に向けて本格的な協議を進めることで合意した。2015年7月30日に発表した。経営統合が実現すれば、両社の連結売上高の合計は約7兆6000億円となり、業界最大手のJXホールディングス(約10兆9000億円)に迫るグループが誕生する。国内の石油元売りの合従連衡が加速しそうだ。

   出光は、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルから、2016年上期をめどに昭和シェルの株式33.3%を取得して筆頭株主となる。取得金額は約1691億円。出光は昭和シェルの残りの株式の取得を目指すとみられ、TOB(株式公開買い付け)や株式交換などを検討する。

   自動車の燃費向上や人口の減少で国内の石油製品の需要縮小が見込まれるなか、生産能力の削減が喫緊の課題になっていた。規模の拡大で競争力を高めることで、国内の生産設備の合理化を急ぐほか、成長の源泉と位置付ける海外展開の強化につなげる。

   30日、都内で会見した出光の月岡隆社長は「経営統合で世界をリードする企業へ進化する一歩だ」と述べた。また、昭和シェルの亀岡剛社長は「対等な立場での経営統合を目指す」と強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中