調理担当者全員に歯科医の検査など徹底究明 それでも新宿プリンス「銀歯」混入、「原因特定できず」

印刷

   東京の新宿プリンスホテルで起こった、レストランのランチブッフェの料理から銀歯が見つかった問題で、ホテル側は調理担当者全員を歯科医が検査するなど徹底究明につとめたが、原因を特定できなかったことを明らかにした。

   外食チェーンなどの料理から異物の混入するケースが後を絶たず、「またか」と思わせたものの、どうやら「大山鳴動してネズミ一匹も出ず」といったところだ。

  • いったい誰の銀歯なのか・・・(画像は、「新宿プリンスホテル」のホームページ)
    いったい誰の銀歯なのか・・・(画像は、「新宿プリンスホテル」のホームページ)

納品元でも「混入は考えられない」

   問題が起こったのは2015年7月22日11時45分ごろ。新宿プリンスホテルのランチブッフェで提供されていた「牛肉のトマト煮込み カレー風味」を食べた男性客から申し出があった。

   料理はランチブッフェ用の保温什器に、小さな取り皿で約20人分の量が入れられていた。男性客が取り分けて、口に入れたところ、「銀歯」のような異物に気付いたという。指摘を受けて、ホテル側はこの料理の提供をすぐに中止した。

   調理された料理が出されていたのは、オープンからおよそ30分で、「当日は6~8人ほどのお客様が食べたようです」(親会社の西武ホールディングス)としている。ただ、この男性客以外に異物が混ざっている被害はなかった。

   新宿プリンスホテルでは、この時間帯に同じメニューを食べたお客に対して、申し出があれば、利用状況を確認したうえで代金を返金。ホテル側は、「お客様をはじめ、関係の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」としている。

   西武ホールディングスによると、「その後、とくに健康被害は確認されていません」と話し、7月27日までに異物混入の指摘はなかった。

   とはいえ、料理に銀歯が混入していたとなれば、ホテルの信用に傷がつく。昨今は異物混入事件が相次いでいることもあり、外食チェーンやホテルなどは神経質になっているのだろうが、新宿プリンスホテルでは、かなり徹底して調査したようだ。

   ホテル側は新宿区保健所への報告とともに、保健所に調理場と調理工程について確認してもらったところ、「特段の指摘もありませんでした」との結果を得た。また、使用した食材の納品元にも、銀歯の混入の可能性を調査したところ、納品元でも製造工程に金属探知機などを備えているため、混入は考えられないとの回答を得ている。

   さらに、従業員には当日の聞き取り調査のほか、調理担当者をはじめ調理場に入室する担当者、31人全員が歯科医による義歯の検査を行ったが、全員が「関係ない」との報告を受けた。

   西武ホールディングスは「以前から、調理担当者らは制服に着替えた段階で私物を調理場に持ち込むことができないようになっています」とも説明。こうした調査結果から、銀歯がホテルの従業員のものではないことは確認されたものの、混入の経路や原因の特定はできなかった。

「お客のだれかが落しちゃったとしか思えんな」

   新宿プリンスホテルのランチブッフェでの「銀歯」混入については、インターネットでは当初から、

「さすがに調理した人ではないような感じもしますが...」
「料理に夢中になって皿に盛ってたお客さんの銀歯かもしれへん」
「ホテルの料理から銀歯って、どう考えてもお客のだれかが落しちゃったとしか思えんな」

といった声が少なくなかった。

   銀歯がホテルの従業員のものでないことが確認されたため、お客が何らかのきっかけで落としてしまった可能性も考えられそうだ。

   そうしたなか、新宿プリンスホテルは今後、調理工程中の確認作業を複数の人で行うなど、目視による確認を強化、徹底するなど異物混入のリスクを極小化するほか、担当者全員の健康チェックや歯科治療の状況なども都度確認していくとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中