花紀京さん亡くなる 吉本新喜劇の元座長

印刷

   吉本新喜劇の元座長でお笑い芸人の花紀京さんが2015年8月5日、大阪市内の病院で肺炎のため亡くなった。78歳だった。

   1937年、漫才コンビ「エンタツ・アチャコ」横山エンタツさんの次男として大阪市内に生まれた。関西大学を中退し、62年に吉本興業入り。吉本新喜劇では座長に抜擢され、岡八郎さんらとともに活躍した。

   89年の「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」をきっかけに新喜劇を離れ、テレビドラマなどに活躍の場を移した。2002年に脳腫瘍の摘出手術を受けて休養。その後、復帰するも03年、入浴中に低酸素脳症で倒れて以降は療養生活を続けていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中