スマホカメラによる「顔検出」防ぐ眼鏡 製作費呼びかけたクラウドファンディングに支援者殺到

印刷

   街中で写りこんでしまった写真がSNSに投稿されることで、知らない間に「いつ」「どこ」にいたかが特定されてしまう――。

   こうしたプライバシー侵害を防ぐ、ちょっと変わった眼鏡が国立情報学研究所によって開発された。眼鏡フレームの国内生産の9割を占める「眼鏡の聖地」福井県鯖江市の企業が生産し、2016年6月の一般向け販売を目指している。

  • 樹脂フレームを使った「プライバシーバイザー」の試作品
    樹脂フレームを使った「プライバシーバイザー」の試作品

サングラスより効果あり

   カメラによる顔認識をできなくする眼鏡型の装着具「プライバシーバイザー」は国立情報学研究所の越前功教授らの研究によって開発された。

   スマートフォンなどのカメラが顔を検出、認識する機能は、目や鼻の角度、明るさなどから個人を判別する。街中を歩いている時など、本人が意図せず写りこんでしまった写真がSNSに投稿されると、誰が、いつ、どこにいたのか、というプライバシー情報がネット上に知らない間に公開されてしまうおそれがある。

   プライバシーバイザーでは眼鏡のレンズに当たる部分に、個人を特定できなくする工夫を施した。素材には光を反射・吸収するポリカーボネートを使用。まゆ毛まで覆う大きめのデザインにし、レンズ部分の角度を上に向けることで光を反射させ顔そのものを検出しにくくしている。検証ではサングラスを付けている時よりも効果があったという。

   製造する眼鏡部品商社「ニッセイ」の広報担当者によると、付けていても重さはあまり感じず、網戸越しに見ているような視野になるという。もちろん街中で歩いている時に問題はないが、自動車などの運転時には外すよう注意を呼びかけるという。

   試作品では3Dプリンターを使った樹脂フレームを採用したが、熱に弱く耐久性が低かったためチタンフレームに変更。デザイン面でも改良を進めている。

200万円の支援呼びかけ、1日余りで半分が集まる

   ニッセイによると、一般発売は2016年6月ごろを予定している。現時点では3万円程度での販売、100個限定生産を予定していたが、2015年8月6日の発表直後から大きな注目が集まったため、増産を検討しているという。

   量産にあたって鯖江市が運営するクラウドファンディング事業「FAAVO(ファーボ)さばえ」を活用し、200万円の支援を呼びかけた。8月6日から始めたばかりだが、翌7日17時の時点ですでに99万円が集まっている。支援者には金額に応じて、プライバシーバイザーが安く販売されたり、鯖江市産のサングラスがもらえたりする。

   支援者からは、

「世界を先取りした取り組み!」
「あったら良いな!を実現した発想と努力とその仲間に拍手」

といった応援メッセージが書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中