ピース又吉にタメ口聞いた女性記者は誰だ 根拠ないのに個人名特定、有名芸能リポーターも標的に

印刷

   芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんに、タメ口で話すなど取材中の失礼な態度を報告された女性記者はだれなのか。又吉さんは実名を伏せたものの、ネットでは「タメ口記者」の「特定作業」が進んでいる。

   掲示板サイトにはある芸能レポーターを名指しする書き込みが投稿され、一部まとめサイトがそれを転載した。芸能レポーターはネット番組に出演して、「又吉さんを取材したことはない」と否定、「誤爆」だったことが判明している。

  • 又吉さんは実名を伏せたが…(写真は2015年6月撮影)
    又吉さんは実名を伏せたが…(写真は2015年6月撮影)

「ネット上でまことしやかにデマが拡散していく怖さ」

   又吉さんは2015年8月11日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、芥川賞受賞後、初対面の女性記者から「どこに住んでんの?」などとタメ口で取材されたと告白。実名は明かさなかったが、「あかん、この人はもう嫌いやと思って完全に閉じてしまったんです」と振り返った。

   スポーツ各紙の電子版などがこの発言を報じると、ツイッターでは、

「凄い勘違いをしている」
「ろくな奴がいない」

と女性記者への怒りの声が上がった。

   その後、ネットユーザーの怒りは又吉さんが名前を伏せた人物の「特定作業」へと向けられた。掲示板サイトなどを中心に会社名や媒体名、個人名が探られる中、浮上したのが芸能ライター・松本佳子(よしこ)さんだ。女性誌などの記者として活躍し、現在は地方局の情報番組に出演する。

   松本さんの名前が挙がった理由ははっきりしない。ただ、一部まとめサイトは見出しに「バカ女記者」と強い表現を使い、「タメ口記者」を彼女と断定した。まとめサイトの記事に影響されたのか、ツイッターや個人ブログでも松本さんを「タメ口記者」とみなす書き込みが見られた。

   松本さんも黙ってはいなかった。15日にニコニコ生放送の番組「松本佳子のにちよる」へ出演し、そうした書き込みをきっぱり否定。又吉さんを直接取材した経験はないと明かした。

   放送後の17日に更新したブログでは、

「事実関係も確認せず、ネット上でまことしやかにデマが拡散していく怖さを思い知りました」

と心境を綴っている。

   ちなみに、松本さんを「タメ口記者」と断定して書いた一部の個人ブログは放送後、記事を訂正したり、謝罪文を掲載したりと個別の対応を取っている。

有名芸能レポーターが次なる標的に

   それでも松本さんに冷ややかな目を向けるネットユーザーは少なくない。普段から根も葉もない噂で人を誹謗中傷するのは芸能レポーターの方、と開き直ったかのようなツイートも飛び出している。

   まとめサイトでは次なる標的として、情報番組でお馴染みの有名芸能レポーターが名前を挙げられている。ただこちらも、根拠はまったくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中