上海株、下げ幅6%超 3週間ぶりに大幅下落

印刷

   中国・上海株式市場は2015年8月18日、上海総合指数が3週間ぶりに大幅下落。終値は前日比245.51ポイント安の3748.16となり、前日終値との下げ幅は6.15%安となった。1日の下落率としては7月27日以来の大きさだった。また、終値としては8月7日の3744.21以来の安値水準となった。政府が市場で株式を買い支える姿勢をみせなかったため、売りが加速した。

   7月は暴落に近い下げ幅の日が続いていたが、8月に入ってからは4000台を回復して落ち着いた取引が続いていた。ただ、中国経済は減速が一段と鮮明なことや、天津の大規模な爆発事故や人民元の切り下げも投資家心理に影を落としているとみられる。

   18日は、東京、香港、台湾などのアジアの主要市場の株価が軒並み下落したこともある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中