お笑い芸人の相原慎吾が31歳の若さで急逝

印刷

   お笑い芸人の相原慎吾さんが2015年8月13日朝にくも膜下出血で急逝したことがわかった。東京NSC12期の同期で同居人だった芸人たちが15年8月18日に自身のツイッターで明かしている。

   相原さんは愛媛県松山市出身で1984年2月10日生まれ。吉本新喜劇などに出演し、「特技は受付、V出しなど手伝い全般です」などと自身のツイッターで自己紹介していた。

   ヘヴィメタル芸人の橋山メイデンさんは15年8月18日にツイッターで、

「同期であり同居人でもあった 相原慎吾が8月13日 くも膜下出血により亡くなりました 17日火葬が行われ 多くの芸人、関係者に 見送られて幸せだったと思います 芸人であり最高の裏方でもあった 彼を時々でよいので 思い出してあげてください」

と報告した。また、お笑いトリオ「ちんぺい」の国場も、

「相原は親友でもあり、一緒に飲みに行ったり仕事で何度も助けてもらったり、本当にいいやつでした。そんな大切な仲間がいなくなるのは寂しいですが、相原の分まで精一杯生きて、芸人としてがんばっていきたいと思っています」

などとツイッターで綴っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中