グリーが上場来初の赤字転落、なぜ? スマホ向けゲームで再起なるか

印刷

   ソーシャルゲーム大手のグリーは2015年6月期連結決算で、最終損益が103億円の赤字(前期の173億円の黒字)に転落した。

   最終赤字となるのは2008年に上場して以来、初めて。売上高は前年同期比26.4%減の924億円、営業利益も42.2%減の202億円と大幅な減収減益となった。

  • スマホゲームでの不調が売り上げ大幅減に影響(画像はイメージ)
    スマホゲームでの不調が売り上げ大幅減に影響(画像はイメージ)

米国のゲーム開発子会社が不振

   グリーは2012年に北米展開をにらんで米国のゲーム開発子会社「Funzio」を買収したが、この会社のスマートフォン向けゲームの売り上げが低迷し、予定されていた新作ゲームの提供も中止になった。Funzioの業績は当初計画を下回り、「出資時に想定していた収益が見込めなくなった」(グリー)ことなどから、2015年6月期に合計351億円の減損損失を計上したのが響いた。

   フィーチャーフォン向けゲームで急成長したグリーは、普及が急速に進むスマホに対応しようと「消滅都市」などの人気ゲームを開発した。しかし、ライバルであるガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」や、ミクシィの「モンスターストライク」といった大ヒットゲームを生み出すまでには至らず、課金収入は減少。スマホゲームの不調が、売上高の大幅減に影響した。

   グリーの初の赤字転落に対し、ネット上には「赤字が初というのは意外だった」「ソーシャルゲームバブルも一服ということか」「おごれる者久しからず」「どこででもゲームしている人いるから、もっと伸びる会社だと思っていた」「キャッシュフローは全く問題がない。全然盤石」といったさまざまなコメントが並んでおり、関心の高さをうかがわせる。

業績は短期的に大きく変動する可能性

   グリーは今期、劣勢を挽回しようと国内外で計15本の新作ゲームを投入する予定だという。ただ、スマホゲームをめぐる競争環境は激化しており、思惑通りに収益に結びつくかは不透明だ。

   「スマートフォンの世界的な普及に伴いモバイルゲーム市場がさらなる成長期を迎える」という見通しを持つグリーは、2016年6月期の上半期(2015年7~12月)の業績予想で、売上高が26.3%減の365億円、営業利益は46%減の60億円、最終損益は35億円の黒字を見込んだ。

   ただ、2016年6月期通期の業績予想については、「インターネットを取り巻く環境の変化が激しく、業績も短期的に大きく変動する可能性がある」として8月中旬の時点では公開していない。先が見えない業界だけに、グリーを含むソーシャルゲーム大手の今後の業績が注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中