パクチー好きELT持田が口ぽかん 匂い成分、カメムシと「同じ」

印刷

   タイ料理やベトナム料理が好きな人にとって「パクチー」は欠かせない。最近ではパクチー愛好家を表す「パクチスト」なる言葉が登場し、都内に専門店が続々オープンするなどブームが起きている。

   だが、そんなパクチストたちがショックを受けかねない衝撃的な事実が2015年8月18日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で明かされた。

  • パクチーはお好き?
    パクチーはお好き?

成分が「非常に似ている」

   番組には、パクチーが大好物だという音楽ユニット「Every Little Thing」の持田香織さん(37)が出演した。持田さんのパクチー愛は相当なもののようで、薬味としてではなく「サラダにして食べたいくらい」という。タイ・バンコクを訪れた際には、パクチー料理がたくさん食べられるため嬉しくてしょうがなかったそうだ。

   ところがその後、内科医の大竹真一郎氏の口から「知らなきゃよかった」事実が明らかにされた。なんとパクチーの匂いは「カメムシの匂いと同じ成分」だというのだ。

   大竹氏の解説によると、どちらにもヘキセナールやデセナールという匂い成分が含まれているという。厳密に言えば成分が全く同じということではなく「非常に似ている」ということのようだが、持田さんは口をぽかんと開けたままショックを隠せない様子だった。

   もっとも、パクチーの匂いがカメムシの匂いに似ている...という話はかねてからあるもので、日本には「カメムシソウ」という別名まである。「カメムシの匂いにしか感じられない!」というのは、パクチー嫌いの人々がもっぱら主張してきたところだ。ほかに南京虫の匂い、加齢臭という指摘もある。

   一方でパクチー好きの人々は「この青臭さがたまらないのに!」「独特の清涼感がクセになる」とその魅力を語り反論してきたのだが、大竹氏の指摘により、印象だけでなく実際にカメムシと「そっくり」であることが裏付けられてしまった。

真のパクチストは「それでも!」

   ツイッター上には、放送中から驚きの声が相次いだ。苦手と思しき人々からは「やっぱりなと思った。あんなもん食べ物じゃない」「一生食べることはない」と納得する声が数多く寄せられた。

   しかし真のパクチストたちは、「カメムシと同じ成分」と聞いて嫌いになるほどヤワではないようだ。「ショック」「知りたくなかった」といった声も出ていたが、「成分が同じと云われようが好きだ!」「たとえカメムシでもパクチーいっぱい食べたい」などと宣言する人々も少なくなかった。

   持田さんも食べ続けたい気持ちは変わらないようで、番組では「食べ過ぎると私が臭くなるみたいなことはあるんですか?」と質問。大竹氏から「それはないです」との回答が返ってくると、ほっとしたような表情を浮かべていた。

   ちなみにパクチーにはビタミンC、ビタミンA、カルシウム、鉄分が含まれており、食物繊維も摂取できることから美容にも効果的だと言われている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中