大阪少女殺害の犯行、「ネットで告白」の真偽 「2人不明」判明前に「2人組を刺した」

印刷

   大阪府高槻市で殺害された少女の遺体が見つかった事件で、2ちゃんねるに犯行を告白するような書き込みがあったと真偽不明の情報がネット上で流れている。テレビのワイドショーでも、出演者がこの情報を持ち出して話題にしたほどだ。

   この事件は、遺体発見5日後の2015年8月18日に、少女が寝屋川市立中学1年の平田奈津美さん(13)と身元が分かって急展開した。

  • 当初は1人だったが…(写真はイメージ)
    当初は1人だったが…(写真はイメージ)

2ちゃんねるに書き込み

   平田さんとは、同級生の星野凌斗くん(12)が当時一緒にいて、行方不明になっていることもこのときに報じられた。

   2ちゃんねるで書き込みがあったのは、この2日前の16日21時3分ごろだ。快楽殺人の可能性を報じる産経新聞の記事で立てられたスレッド内で、それは次のような書き出しだった。

「怯えて身を寄せ合った二人組みを刺したから身体半分しか傷がつかなかった」

   当時は、少女のことだけしか報じられなかったが、書き込みでは、このように被害者は2人だとされていた。さらに、生々しい描写が続いていく。

「自家用車に乗せてた死体をトラックに詰め込もうとおもったが、死に顔がこわかったので、テープでぐるぐる巻きにしたらまだ動き初めてあせった。少女は芋虫のように動き、結果車の下にもぐりこんだまま動かなくなった。運び出そうと思ったら車が着たから焦って逃げ出したんだ」

   その結果、車には、もう1人の遺体が乗ったままだとして、「今日は大雨警報がでている。河にでも流そうか・・・」とつづった。遺体は、翌日か翌々日に大阪府内を流れる淀川や芥川辺りで見つかるだろうと予言していた。

   このときは、書き込みはほとんど話題にならなかった。しかし、18日に平田さんと星野くんのことが報じられると、ツイッターなどでこの書き込みが犯行告白ではないかと波紋を呼んだ。

ネット情報を元にした推理との見方が出る

   それは、被害者が2人だとされたことなどが、犯人しか知り得ない情報ではないかということからだ。

   情報サイトなども次々に取り上げるようになり、日本テレビ系「ミヤネ屋」では、8月19日の放送で、嵩原安三郎弁護士がこの話題を持ち出した。

   嵩原弁護士は、2ちゃんねるの書き込みで、犯人あるいは犯人を装った人物が罪を告白するような書き込みがあったとして、その内容を説明した。キャスターの宮根誠司さんが「2ちゃんねるの書き込みは、本当かどうか分からないんですけどね」と指摘すると、嵩原弁護士は、それに同意したうえで、「書き込み自体は、確かに推理としてはよくできてる」として、内容通りの犯行の可能性があるのではないかとした。

   もっとも、2ちゃんの書き込みは、遺体発見後まもなくから報じられていた、体の半分側だけに多くの刺し傷がある、などのネット上の情報を元にした単なる推理に過ぎない可能性も否定できない。

   平田奈津美さんと星野凌斗くんの家族は、14日夜には寝屋川署に行方不明届を出しており、ツイッターなどでは、それ以降に写真付きで一緒にいた2人の情報提供が呼びかけられている。平田さんが殺害された少女に特徴が似ているとの指摘も出ており、書き込み主も、こうした情報を元に推理した可能性があるかもしれない。

   実際、同じIDによる16日の書き込みでは、事件についての推理がいくつか書き込まれていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中