ジェットスターパイロットが操縦席で写真撮影 出会い系アプリで知り合った「女性」に送る

印刷

   格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンのパイロット2人が、操縦室で業務と無関係な写真を撮影して乗務停止1週間の処分を受けた。こういった問題は、ネット上にアップロードした写真が問題になって発覚することが多いが、今回は少々事情が違う。

   パイロットが出会い系アプリを通じて知り合った「知人女性」にLINEで写真を送り、その知人女性がパイロットの行為を会社に通報。パイロットからすれば、実にみっともない形での問題発覚となった。

  • ジェットスター・ジャパンのパイロット2人が乗務停止1週間の処分を受けた
    ジェットスター・ジャパンのパイロット2人が乗務停止1週間の処分を受けた

「知人女性」とは出会い系アプリで知り合う

   ジェットスター・ジャパンによると、処分を受けたのは機長(64)と副操縦士(49)。2人とも2015年8月5日付で「業務に専念すべきだった」として乗務停止1週間の処分を受けた。2人の国籍は明らかにしていない。

   問題視されているのは操縦室での写真撮影だ。13年春には、副操縦士が操縦席から客室にアナウンスする様子を機長が撮影。それ以外にも、副操縦士は社外秘の運航マニュアルの表紙や操縦室内の計器類を撮影した。副操縦士は、これらの写真を15年6月頃から複数回にわたってLINEを使って知人女性に送信していた。副操縦士は女性と出会い系アプリを通じて知り合い、副操縦士は社内調査に対して

「女性が『航空について勉強したい』と言っていたので送った」

などと話しているという。

「知人女性」は実在しないという説も

   副操縦士か最初に写真を送ってからわずか1か月で2人の関係が変化したのか、知人女性を名乗る人が7月下旬に会社に対して副操縦士の行為を通報。この通報で会社は事実を把握し、社内調査を行ってパイロット2人の処分を決めた。

   ただ、この「知人女性」は実在していないという情報もあり、単なる「告発」だった可能性もある。

   ジェットスター・ジャパンの広報担当者は

「乗務員教育を改めて徹底したい」

と話している。

   ジェットスター・ジャパンはすでに事態を国土交通省に報告している。今回処分された2人の行為が「操縦者の見張り義務」を定めた航空法に抵触するかは現時点では明らかではないが、15年6月には日本航空(JAL)の機長が、副操縦士がトイレのために席を離れているときに客室乗務員(CA)を操縦席に座らせて記念撮影していたとして、厳重注意を受けている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中