関東沿岸で相次ぐサメ出没 今度は東京湾で網にかかる

印刷

   海水浴シーズンの8月、関東地方の海ではサメの目撃情報が次々に寄せられている。2015年8月21日には、東京湾でアオザメが捕獲された。

   これは千葉県鋸南町の保田漁港から沖合2キロに仕掛けられた定置網にかかっていたもの。アオザメの体長は2.5メートルだったという。人に危害を加えることもあり、危険だ。

   関東地方では8月5日、茨城県鉾田市でサメが確認されたため同市や隣接する大洗町の海水浴場が影響を受けた。神奈川県茅ケ崎市でも14日、沖合でシュモクザメ30匹が泳いでいるとの目撃情報があり、周辺の海水浴場が一時遊泳禁止になった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中