安倍首相「血は吐いていない」文春報道を否定

印刷

   安倍晋三首相は2015年8月24日、自民党役員会で「血は吐いていませんから」と述べ、自身の体調に問題がないことをアピールした。共同通信が伝えた。

   週刊文春(8月27日号)で会食中に吐血したと報じられたことが念頭にあったとみられる。首相の事務所は20日、同誌の発行元の文芸春秋に記事の撤回と訂正を求める抗議文を送付している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中