「パンが濡れていた」と言いがかり付け30万円詐取 「クレーム詐欺」とは一体どんな手口なのか

印刷

   「買った食パンがぬれていた」とウソのクレームをつけ、店の売上金30万円をだまし取った疑いで男が逮捕された。男は同じ手口でさまざまな店舗から5年のうちに2700万円を詐取した疑いが持たれており、ネットでも「誰もおかしいと思わないのか?」と驚きを隠せない様子だ。

   ただ、同様の「クレーム詐欺」は過去に何度も発生していて、巧妙な手口が目立つ。

  • レジの現金に手を付けてはならない(画像はイメージ)
    レジの現金に手を付けてはならない(画像はイメージ)

「誰もおかしいと思わないのか?」

   男は2015年8月24日に詐欺容疑で逮捕。各種報道によると14年10月、東京都足立区のパン販売店に「食パンを2斤買ったが、1斤だけぬれている。どうしてくれるのか」と電話で虚偽のクレームをつけた直後、本社の社員になりすまして「すぐに対応するので、おわびの食パンを取りにいく。ついでに売上金を回収したいので持ってきて」と連絡。足立区内の歩道で店員からパン2斤(670円相当)と現金30万円を受け取ったという。

   2010年以降、東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城の1都4県のパン販売店やコンビニが、同様の手口で被害を受け、被害総額は約2700万円に上るという。警察はこちらも男が関与した疑いがあるとみて調べを進めている。

   報道をうけ、ツイッターでは

「厳罰にしてほしい」
「酷すぎる」

といった怒りの声だけでなく

「誰もおかしいと思わないのか?」
「店もよく払ったな」

と驚きの声が上がった。多くの人は、店舗が売上金を渡した点に疑問を感じているようだ。

   日経BP社の運営するポータルサイト「SAFETY JAPAN」が07年4月に掲載した記事「どうしてくれる!?クレーム担当者の奮闘日記」によると、こうした「クレーム詐欺」はその場で解決しようとせず、後日対応すると告げて相手の連絡先を聞くのが重要で、レジの現金に手を付けてはならないという。

   今回、なぜ売上金に手を付けたのかは不明のままだ。

「従業員に足踏まれた」「クリームソーダで服汚した」

   過去にも、似たような「クレーム詐欺」が起こっている。10年10月、東京都内の食品製造販売会社に「買った漬物に髪の毛が入っていた」とウソのクレームをつけ、商品代と胃薬代計3500円を振り込ませた男が逮捕された。当時の報道によると、男の口座には02年以降、全国各地の食品会社などから計400万円以上が入金されていたという。

   また、関西の飲食店で作る一般社団法人 大阪外食協会(ORA)は10年1月、神戸市や西宮市の飲食店で「レジ前で従業員に足を踏まれた」と言いがかりをつけ、金品をだまし取ろうとした女性の情報を公式サイトに掲載。会員に注意を促した。

   同サイトでは他の事例も掲載されている。09年3月にJR京都駅地下街、大阪梅田三番街の飲食店でクリームソーダを注文した客が「クリームソーダが噴出して服が汚れた」と架空の事実申し出、店舗にクリーニング代を要求したそうだ。実際、片方の店舗は賠償に応じたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中