「ストーカーを増やすことになった」 ナイナイ岡村、堀北との結婚経緯を明かした山本耕史に苦言

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(45)がラジオ番組で、女優の堀北真希さんと結婚した俳優の山本耕史さんに苦言を呈した。

   山本さんは、結果的に「ストーカーを増やすことになってしまった」というのだ。

  • 岡村隆史さんは2015年8月27日深夜放送の「オールナイトニッポン」で、堀北真希さんと結婚した山本耕史さんについて発言した
    岡村隆史さんは2015年8月27日深夜放送の「オールナイトニッポン」で、堀北真希さんと結婚した山本耕史さんについて発言した

「女性を落とす成功例としては成立していない」

   岡村さんが発言したのは、2015年8月27日深夜放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」でのことだ。

   山本さんは、堀北さんに相手にされていなかったのに手紙を40通も送ったり、新幹線で待ち伏せしたりしたとテレビで語っていたが、そのアプローチについて、岡村さんは、女性を落とす成功例としては成立していない、と解説した。

「押せば女性は落ちると捉えた人もいるかもわからないが、絶対にしないこと」

   山本さんはイケメンで、ギターも上手く、どんな人にも合わせられるタイプであり、「特例中の特例」と指摘。そんな山本さんだからこそ、絶対に堀北さんを落とせる、絶対に自分のものになるんだという確信があった、とした。

「山本の真似をした」と言い出すストーカーも現れる?

   また、山本さんは何の悪気もなく、メディアで結婚までの経緯を語ったけれども、これは語ってはいけないことだったと苦言を呈した。

   「ストーカーを増やすことになってしまったよね」と語り、下手をすればストーカーが「山本さんの真似しただけです」と言いかねない、と警鐘を鳴らした。

   ネットでは岡村さんの発言は正論であるという意見が多く、そしてこんな書き込みが 掲示板などに出ている。

「岡村がやればただのストーカーだからな。愚痴りたいのもわからんでもない」
「結果的にOKしたからストーカーにならなかっただけで、行為自体は完全なるストーカーってのは否定のしようがない」
「互いに有名人であった点が一般のストーカー事案とは違うけど、山本側がよく結婚に至る道のりを公表したな、とは思う」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中