韓国政府、産経新聞コラムに「憂慮」表明 削除も求める

印刷

   産経新聞のウェブサイトと「SANKEI EXPRESS」紙(2015年8月30日付)に掲載されたコラムをめぐり、韓国政府は9月1日、コラムが日韓関係に否定的な影響を与える可能性があるとして産経新聞側に憂慮を伝えた。コラムの削除も要望した。

   コラムは「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題して野口裕之・政治部専門委員が執筆。朴槿恵(パク・クネ)大統領が北京で9月3日に開催される「抗日戦勝70周年記念軍事パレード」を参観することを引き合いに、日本軍人に暗殺された朝鮮王朝時代の王妃・閔妃(ミンビ、明成(ミョンソン)皇后)との共通点を指摘。韓国外交を「事大主義」だとして批判していた。

   産経新聞がウェブサイトで配信した記事によると、韓国大使館員が東京・大手町の産経新聞東京本社を訪れ、本国の意向を伝えた。コラムは9月2日正午現在、掲載されたままになっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中