大友克洋原作の映画版「AKIRA」で、東京五輪騒動が予言されていたと話題に

印刷

   巨額な総工費が問題となった新国立競技場に続き、「盗作疑惑」で取り下げられた五輪エンブレム――。2020年の東京オリンピックを巡るゴタゴタが止まらない。相次ぐ問題を受け、すでにネットの一部には「返上論」や「中止論」もくすぶり始めている。

   このような状況が、1988年に公開されたアニメ映画「AKIRA」(原作・監督、大友克洋)のなかで予言されていたと、このところSNSを中心に話題を集めている。作中に登場する「東京五輪、国民の力で成功させよう」という広告の下部に、「中止だ中止」「粉砕」などの落書きが描かれているためだ。

   同作は、オリンピックを翌年に控えた2019年の「ネオ東京」が舞台。まるで、今回の五輪にまつわる騒動と、それに対する批判を予期したようなこの描写に対し、ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「オリンピックのAKIRA化が進んでいる気がする」
「東京オリンピックのゴタゴタを見てるとAKIRAが見たくなってくる」
「競技場もエンブレムも白紙になったし、オリンピックも白紙にすればいいんじゃないんですかね? AKIRAの再現になるよ!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中