赤西仁ファンがネットで「男探し」に狂奔 お騒がせな「コンサート参加条件」とは

印刷

   歌手で俳優の赤西仁さん(31)が、男性同伴でなければ女性は入場できないコンサートを開くと発表した。同コンサートのチケットはすぐにソールドアウトしたのだが、「男性の同行者探しております」といった告知が、チケット取引サイトやオークションサイトに並ぶことになった。

   コンサートへ一緒に行ってくれる知人男性がおらず、ネットで同伴男性を「募集」している形だ。どうしても行きたいのだろう、(男性分)チケット代は定価より安く設定されているものが多い。

  • 異色の条件付きコンサート、ファンにとってはそれもまた魅力?(画像はイメージ)
    異色の条件付きコンサート、ファンにとってはそれもまた魅力?(画像はイメージ)

「赤西仁くんを応援して10年になります。大学生です」

   赤西さんは、元ジャニーズのアイドルグル―プ「KAT-TUN」のメンバーで、2011年にはソロで全米デビューを果たしている。12年には女優の黒木メイサさん(27)と結婚。14年2月にジャニーズ事務所を退社し、14年7月に自主レーベルとファンクラブを立ち上げ精力的な活動を続けている。

   そんな赤西さんは全国ツアー中で、15年9月24日と25日は東京の「渋谷公会堂」で行われることになっている。そして24日に限っては、女性ファンを騒然とさせる発表があったのだ。女性は男性を同伴しなければ会場には入れない、というもので、ペアもしくは3人グループ中に最低1人は男性がいなければならない。ちなみに男性ならば1人でも入場可だ。

   全国ツアーのチケットはソールドアウトしたが、24日のチケットしかゲットできなかった女性や、24日しか時間が作れない女性も多数いた。ネットではジャニーズを追いかけている女性には彼氏どころか男友達もいないはずだ、とか、見たくもないコンサートに父親や兄弟が駆り出されるとしたら気の毒だ、といった感想が出ることになった。そうしているうち、ネットのチケットオークションサイトに「男性の同行者を探しております」という告知が並び始めた。チケット代金は8000円だが、赤西さんの人気の現れなのか5倍以上の値段の提示がある中で、男性の同伴者を探している女性は(同行男性分として確保したチケットを)即決価格6000円、7500円と原価割れで提示している。

   15年9月3日現在も、オークションサイトで同伴者を探している女性が複数いて、ある女性は、

「赤西仁くんを応援して10年になります。大学生です」

と自己紹介し、「そちらは何名でお越しになりますでしょうか?」という質問には、

「はじめまして。記載漏れすみません。1名になります」

と答えている。

「婚活産業としてイケるかも」ネットで意外な好評価

   また別の女性は、

「当方、20代女性の大学生です。当日は午前中から会場にいます。一緒に楽しんでくださる方、お声がけしていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します!」

とアピール。ファン歴9年という20代の会社員は、

「今回参加出来る日がそこしかなかったのですが、募集が男性含むことが条件でしたので、男性の方を出させていただきました。現地のお待ち合わせで、同時入場をして頂ければ、別行動で構いません」

と説明している。こうしたやり取りに「出会い系か?」「凄い怪しいイベントみたいw」といった批判もある。ただし、ファンの女性はおかしなコンサートだという事は認めるが、こうした企画を出すのも赤西さんの魅力だとして、

「型に嵌らないのが仁だしね。プライベートはメイサが支えればいい。私達は仁の音楽=魂を支えるから」

などと掲示板に書き込んでいる。また、

「意外に婚活産業としてイケるかもな。大半はシングルのままだろうが1~2割はカップルに」
「これはいい挑戦だな。少子化対策に多少は貢献するかもしれん」

などと応援している人もいて、好感触で受け止めている人たちが結構多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中