中国のアイス店が作った「東条英機アイス」 現地では不評なのに日本では「クオリティ高すぎ」と評価も

印刷

   トレードマークの眼鏡や口ひげ、眉の上にできたシワ、一目見ただけでピンとくる形だ。中国の食品メーカーが作った東条英機元首相の顔をかたどった棒付きアイスキャンディーが、「クオリティ高い」と日本のネットユーザーから人気を集めている。

   好意的なコメントを集めたまとめサイトまで作られ、ツイッターには「次はこの人で作ってほしい」という「リクエスト」さえ寄せられている。

  • 店に貼られたキャンペーンのポスター(画像は香港紙「明報」の9月1日付け記事より)
    店に貼られたキャンペーンのポスター(画像は香港紙「明報」の9月1日付け記事より)

「形が気持ち悪い」「食欲をなくす」

   アイスキャンディーは、国有食品メーカー・光明食品の展開するアイスクリームチェーン「愛茜茜里(ICEASON、アイシーズン)」が2015年9月3日の「抗日戦争勝利70周年記念日」に合わせて作ったもの。3Dプリンターで顔の形を読み取り、口ひげの質感や、シワの微妙な入り方など細かい部分も再現した。口ひげはチョコレートで作られているという。

   各種報道によると、同店は3日に「みんなで日本の戦犯を食べよう」というキャンペーンを展開する中、アイスキャンディーを1本30元(約570円)で販売。バニラ、ブルーベリー、モカ、マンゴー、ティラミスの5種類の味を用意した。

   ただ、中国のネットユーザーにはウケが悪いようだ。

「形が気持ち悪い」
「食欲をなくす」
「1万本を食べても何も変えられるわけじゃない」

と見た目、キャンペーンのやり方双方に対して酷評が浴びせかけられた。

PSYさんの顔をかたどったアイスキャンディーも

   日本では報道を受け、ツイッターには「下品で好きじゃない」というキャンペーンへの批判も書き込まれた。その一方、見た目に着目し、

「クオリティ高ッ!」
「出来が良すぎる」
「むしろ欲しいくらい」

という好意的なコメントも多数寄せられた。再現度の高さが評価されたらしい。

   ついには、さまざまな人物やキャラクターの名前を挙げて「次はこれを作ってほしい」と「リクエスト」する人まで現れた。好意的なコメントを集めて記事を作るまとめサイトも登場し、ちょっとした話題となっている。

   なお、中国の店では今までにアップル創業者のスティーブ・ジョブズさん、「江南スタイル」が世界的にヒットした韓国の歌手・PSYさんの顔をかたどったアイスキャンディーも発売されているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中