千葉県で突風 3人が怪我、70棟以上の家屋が損壊

印刷

   千葉県で2015年9月6日夜に突風が発生し、最も被害が多かった千葉市では3人が軽傷を負い、70棟近くの家屋のガラスが割れたり、屋根が損壊するなどの被害が出た。銚子地方気象台は15年9月7日の昼から現地に気象庁機動調査班を派遣し調査を始めた。

   6日午後9時半頃に発生した突風は千葉市中央区JR蘇我駅近くで多くの被害をもたらし、転倒や打撲で30代と80代の女性が怪我をしたほか、同区では一時的に880もの家屋が停電した。損壊した家屋は70棟近くあり、ブロック塀が5メートルに渡って倒れるという被害があった。また、JR車両のガラスが割れる、自動販売機の横倒しや電柱が根元から倒れるといった被害も出た。千葉市以外では鎌ケ谷市や成田市でも数棟の家屋が損壊した。銚子地方気象台は被害の状況や突風が起こった原因を調べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中