新潟市BRT開業初日からトラブルが続出 ほぼ全線、終日無料になって乗客殺到

印刷

   BRT(バス高速輸送システム)が開業したばかりの新潟交通は2015年9月7日、ICカードシステムの不具合のため、ほぼ全線で運賃を終日無料にすると発表した。

   初日からのトラブル続きで不評を買っていたBRTだが、思いがけぬ無料措置に市民からは歓迎の声が寄せられた。

  • 9月5日から運行が始まったBRT「ツインくる」(画像は新潟市サイトから)
    9月5日から運行が始まったBRT「ツインくる」(画像は新潟市サイトから)

「本日は終日、無料でご乗車ください」

   新潟市では利用者減少への対策や中心部への交通手段を強化するため、従来のバス路線を再編し、BRTを9月5日からスタートさせた。BRTは一部区間で優先レーンを走るため、遅延が起きにくい。またバス2台を連結させた「ツインくる」を投入し、大量輸送ができると見込まれていた。

   しかし開業初日からトラブルが続出。「ツインくる」に乗ろうとする乗客で満員が続くなどしてダイヤが大きく乱れた。さらにICカードシステムに不具合が発生し、運賃を誤徴収するトラブルもあった。

   ICカードのシステムは6日にも発生し、結局7日になっても復旧しなかった。そのため新潟交通は、始発時点で

「(一部路線を除き)全路線の運賃収受を行わないことといたします。本日は終日、現金・ICカード・回数券いずれの金種でも無料でご乗車ください」

と発表。空港リムジン線やローカル線などを除き、BRTも含むバスの運賃がすべて無料になった。

8日始発からは通常運行が行われる予定

   新潟交通によると、終日ほぼ全線が無料になるのはおそらく初めてだという。すでに復旧のメドが立っているため、8日始発からは通常運行が行われる予定だ。

   開業時のバタバタ続きで、BRTには市民からは厳しい声が相次いでいた。しかし思わぬ終日無料化で、

「バスタダで乗れた!マジ感謝」
「今日もバス遅れてきてイライラしてたのに乗ってみたらシステムエラーで運賃タダw」
「今日バスの料金無料らしいよ!」

と歓迎するような書き込みがあふれた。

   一方で「みんなタダだからってBRT乗りすぎだろ」「BRTタダだからって混みすぎワロタ」という書き込みもあった。無料だと聞きつけて、平日ながら乗客は殺到したようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中