元経済同友会代表幹事、小林陽太郎氏が死去 82歳、富士ゼロックス元社長

印刷

   経済同友会の代表幹事や富士ゼロックスの社長、会長を務めた小林陽太郎氏が、左慢性膿胸のため、2015年9月5日に死去した。82歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長男の格氏。富士ゼロックスが後日「お別れの会」を開くが、日程は未定。

   小林氏は1933年、ロンドン生まれ。慶応大卒。米ペンシルベニア大を経て、58年に富士フイルム(当時、富士写真フイルム)に入社。63年に富士写真フイルムと米ゼロックスが合弁で設立した「富士ゼロックス」に移り、78年に44歳で社長に就任。92年に会長。2009年に相談役最高顧問を退任するまで30年以上にわたり同社の経営に携わった。

   欧米、アジアに豊富な人脈を持ち、経済界を代表する国際通として知られた。99年に経済同友会代表幹事に就任。外資系企業出身として初めて経済4団体(現在は旧経団連と日経連が統合し3団体)のトップとなった。

   小渕恵三内閣の「21世紀日本の構想」懇談会委員を務めるなど、政府の政策にも強い影響を与えた。

   多数の芸術組織、国際団体の理事なども務め、経済人として国際貢献、文化交流にも尽くした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中