東京五輪公式キャラでも「盗作騒ぎ」起きる心配 キャラクター大国の日本では何かに似てしまう?

印刷

   デザイナー佐野研二郎氏デザインの2020年東京五輪の公式エンブレムが使用中止になったことを受けて、東京五輪の「公式マスコットキャラクター」も同様の危機が訪れるのではないか、と心配の声が挙がっている。

   今回の使用中止はネットユーザーの追跡と調査が大きな影響を与えたとされているが、公式キャラクターについても同じような騒ぎが起きても不思議はない。とりわけ日本は「キャラクター大国」といわれるほど無数のキャラが存在し、何かに似ている可能性は高いのだ。

  • 五輪エンブレム問題が公式キャラクター選びにも飛び火するのか(画像は成田国際空港で8月31日撮影)
    五輪エンブレム問題が公式キャラクター選びにも飛び火するのか(画像は成田国際空港で8月31日撮影)

「視覚的にデザインは分かりやすいから、獲物を探している人たちは騒ぎやすい」

   2015年9月6日放送のフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」では、ネットユーザーが佐野氏のパクリ疑惑を追及し、バッシングを行って白紙撤回に導いた、などといった内容を放送した。コメンテーターとして出演した芥川賞作家の羽田圭介さん(29)は、

「視覚的にデザインは分かりやすいから、獲物を探している人たち(ネット民)は騒ぎやすい。騒ぎやすいから騒いでいるのかな」

と説明した。パクリかそうでないかの境界がはっきりしないため、パクリでないとしてもネットで疑惑として騒がれる可能性はある。

盗作ではなくても何かに似てしまう可能性がある

   これから発表されるのは公式マスコットキャラクター、公式ユニフォーム、公式テーマソング、公式ポスターなどだが、羽田さんが言う「獲物」にされる筆頭はキャラクターなのではないか、などと囁かれている。

   日本はキャラクター大国で、アニメやゲーム、ご当地ゆるキャラなど数えきれないほど存在する。盗作ではなくても何かに似てしまう可能性があり、そこに攻撃が仕掛けられるのではないか、というのだ。

「どうせまたネット民が大騒ぎすんだろ。よかったなネット民」
「誰のどんな作品が選ばれても批判されるのは確実」
「平凡なデザインだったら。容易に類似キャラが見つかって、お前らに盗作だって言われる」

などといった書き込みが掲示板に出ている。騒ぎが大きくなればまた、「一般国民の理解を得られなくなった」となる可能性は否定できないというのだ。いっそのこと、既存のキャラを使えばいいといった意見が出て、ネットで盛り上がりを見せている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中