司法試験、1850人が合格 「予備試験組」過去最多

印刷

   法務省は2015年9月8日、15年の司法試験合格者を発表した。合格者数は前年比40人増の1850人で3年ぶりに増加した。合格率は23.1%だった。そのうち法科大学院を修了せずに予備試験で受験資格を得た人は同23人増の186人で過去最多を更新した。この「予備試験組」の合格率は61.8%で全体の合格率を大きく上回った。

   法科大学院別に見ると、中央大(170人)、慶応大(158人)、東京大(149人)の順に合格者数が多かった。

   政府は15年6月、02年の閣議決定では3000人程度を目指すとしていた合格者数を1500人程度に半減される改革案をまとめている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中