プロ野球新人王はセ・パともに投手が有力 巨人・高木、日ハム・有原を軸に大詰めの争い

印刷

   秋のプロ野球はタイトル争いも話題の一つ。今年は新人王争いが注目の的で、セ・パともに投手が有力候補になっている。

  • 今年の新人王争いに注目集まる
    今年の新人王争いに注目集まる

パでは西武・高橋も侮れない

   面白いのはパ・リーグである。

   早大から日本ハム入りした有原航平が2015年9月5日のオリックス戦で初の完封勝ち。8勝目(4敗)を挙げ、2ケタ勝利の可能性が大きくなった。

「うれしい。納得できるピッチングができました」

こう喜びを表す有原に、栗山監督は、してやったり-の表情だった。

「安定している。(試合を)任せられる」

   有原は昨年のドラフト1位だったが、ひじ痛が懸念され、開幕してもファームにいた。5月15日に初先発で勝利投手になり、パの新人投手で最初の勝利でもあった。その後もローテーションを守り、順調に勝ちを収めている。チームが2位以下に大差をつけているのも彼の存在が大きい。

   次に侮れないのは西武の高橋光成。低迷するチームの窮状を救うかのように登場し、8月に4勝を挙げて「月間MVP」に選ばれた。6日の時点で5勝だが、あと3勝は上積みできる可能性がある。

   高橋は昨年、前橋育英高のエースとして甲子園選抜大会優勝。やはりドラフト1位でプロ入り。すでに完封勝利もマークしている。

セは巨人・高木をDeNA・山崎が追う

   セ・リーグも投手の争いである。巨人の高木勇人、DeNAの山崎康晃に絞られている。

   三菱重工名古屋からドラフト3位で入団した高木は、開幕3戦目に先発して初勝利を挙げた。その後もローテーション維持し、5連勝。前半のチームを支えた。後半戦はさすがに打ち込まれることが多く、今月5日に8勝9敗となった。

   その高木がもたつき始めると、一気に注目されたのが山崎。ドラフト1位で亜細亜大から入団し、開幕4戦目に初セーブを挙げた。チームが前半戦を首位で通過したことで、その時点で19セーブの投球が大きくクローズアップされた。後半戦も見事なクローザーぶりを見せ、8月に新人記録の32セーブを達成。40の大台も視野に入る。

   高木は多彩な変化球と巧みな投球術で勝利を重ねた。山崎は速球と大きなカーブで多大な貢献をしている。

   新人王は記者投票で選ばれる。記者の多い東京地区が大票田で、セは厳しい争いになりそう。パは札幌を地元とする有原に影響するかどうか。高校出の評価を高橋が受けられるか。残り試合は少ない。チームの優勝争いとともに「たった一度のチャンス」にかける彼らの活躍に注目したい。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中