ビッグマミィ堀ちえみ「子供たち2人と全く連絡が取れない」 「無沙汰は無事の便り」ということなのか

印刷

   元アイドルで、現在は7人の子供を持つ「ビッグマミィ」として、子育て論などを披露し活躍している堀ちえみさん(48)が実は子供たちと全く連絡が取れない疎遠状態になっているらしい、とネットで話題になっている。

   堀さんは自身のブログで「就職後は全く連絡ない」と書き、「今しあわせに生きているって信じてる」と子供に対する思いを綴った。

  • 便りが無いのは元気な証?(画像は堀さんのブログ)
    便りが無いのは元気な証?(画像は堀さんのブログ)

「私の人生は、主人と一緒に生きていくから心配しないで!」

   話題になっているのは2015年9月1日付けの「信じてる」というタイトルのブログだ。朝の4時に目覚めてしまい、朝ご飯を作るまでの間にベットで横になっていたら3人の息子の幼い頃の記憶が蘇ってきたと書いた。その記憶は夏休みのもので、プールや海、遊園地や山に子供達と一緒に行き、まるで父親が子供にしてやるような役回りをして楽しんだ。

   遠い昔の話であり一生懸命だったけれど今から思えば全てがいい想い出だった、と回想した。そして現在は、

「ある時期がきたら、自分のことだけ考えてしあわせに生きなさい!でも何かあったら、いつでも相談にのるから、遠慮しないで!と、社会人として世に送り出したから、就職後は全く連絡ないけれど」

という状態だというのだ。子供に対しては、

「私の人生は、主人と一緒に生きていくから心配しないで!」

と言い、

「今しあわせに生きているって信じてる」

と結んだ。

   ブログには3人の実名が出ていて、2人は社会人、一人は大学生だ。おそらく最初に結婚した夫との間に生まれた子供のことなのだろう。

   堀さんは1989年に医師と結婚し3人の男児をもうけたが、夫のDVに悩み、1999年に離婚が成立。その後、訴訟中に知り合った男性と2000年に再婚し、1男1女を授かって、5人のお母さんになった。この時も、約1年半の別居を経て10年に離婚した。

   再再婚は11年で相手の男性は1男1女を持つバツ2だった。これで堀さんの子供は7人となり、「ビッグマミィ」としての奮闘が度々テレビなどで話題となった。12年2月に掲載されたインタビューでは次男が一流大学に入った事を報告し、「勉強しなさい、とは言わなかった」などと語った。しっかり家事をこなしていて、子供が7人に増えたが、「彼の子を育てていてもすごく面白い」と明かし、仕事との両立も「まったく問題なし」などしていた。

「頻繁ではないのかもしれませんが、連絡は取り合っている」

   ネットでは子供と連絡が取れないほど疎遠になっているという事に対し、堀さんへの批判ばかりが目立っている。

「息子達はお母さんと二度と関わりたくないってことだよね?」
「もしあたしが子供だったら、名前だされて音信不通なの全国にバラされて、ますます嫌になる」
「そもそも何で息子さん達がどんな気持ちで離れたか本当に分かってなさそう」

などといった意見がネット上に出ている。堀さんはどんな気持ちでブログを綴ったのか、息子さんたちとの関係はどうなっているのかなどを所属事務所の松竹芸能に聞いた。担当者は、間違った解釈が独り歩きしているとして頭を抱えていた。

「そもそも全く連絡を取っていないというのが間違いで、頻繁ではないのかもしれませんが、連絡は取り合っている」

と説明した。今回のブログは、「無沙汰は無事の便り」ということを言いたかったのであり、息子から連絡がないのは無事の証拠ということだから「幸せだと信じてる」と結んだものだという。ただ、息子さんたちの現状については個人情報にあたるため、詳しく話すことはできないとした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中