「煙凄かった」「急に黒煙がモコモコっと」 阿蘇山が噴火、警戒レベル3に引き上げ

印刷

   2015年9月14日9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山が噴火した。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から2キロの範囲では噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。

   中岳第一火口からの噴煙の高さは約2000メートルまで上がった。

  • 噴火時の阿蘇山の様子(気象庁サイトから)
    噴火時の阿蘇山の様子(気象庁サイトから)

今後も噴石が飛散するおそれ

   中岳第一火口では9月10、11日にも噴火が起きたばかりだった。14日の噴火は、これまでのものより規模が大きかったため、噴火速報が出された。

   気象庁によると、噴火にともない、火口から飛散する大きな噴石が確認された。今後も同規模の噴火が発生し、火口から1キロ以上に噴石が飛散する可能性があるという。

   ツイッターには噴火時に阿蘇山周辺にいたと思われる人から報告が、写真とともに投稿されている。爆発音がしたというほか、

「はじめ白煙だけだったのが急に黒煙がモコモコっと」
「音は分からんかったけど、煙すごかったよ」

など、特に噴煙がすごかったという報告が出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中