JR不審火の容疑者、SNSに現場写真投稿 「焼き切る」犯行示唆?

印刷

   2015年8月にJR東日本の施設で相次いで不審火があった事件で、警視庁は2015年9月15日、自称ミュージシャンの野田伊佐也容疑者(42)を威力業務妨害の疑いで逮捕したと発表した。

   野田容疑者のものと思われるSNSには現場で撮影したとみられる写真が複数投稿されていた。「プリタツ」など意味不明な文言のほか、「焼き切る」といった犯行を示唆する書き込みもあった。

  • 容疑者のものと思われるインスタグラムに投稿された写真
    容疑者のものと思われるインスタグラムに投稿された写真
  • ケーブル脇にペットボトルが置かれている
    ケーブル脇にペットボトルが置かれている
  • 品川変電所とみられる画像
    品川変電所とみられる画像

「これ焼き切ると下品盗賊150本おじゃん」

   JR東日本の施設内では8月に入って不審火が相次いで起きていた。報道などによると野田容疑者は業務妨害の意思はなかったとしながらも、放火したことを認める趣旨の供述をしているという。

   野田容疑者は画像投稿SNS「インスタグラム」に現場で撮影したとみられる写真を何度も投稿していた。

   8月8日、渋谷区の恵比寿駅近くで燃えたものと似ているケーブルの脇にペットボトルが置かれた写真を投稿。ペットボトルのラベルとふたのメーカーが一致しておらず、偶然捨てられたものとは考えにくい。画像には「プリタツ」、投稿ページには「品川→広町→大崎だけで3点完了。オマ掘だけ停止は1点。TT」と書かれていた。

   同日には焦げたペットボトルが見つかった品川変電所と思われる画像を投稿。この時も「プリタツ」と画像に書かれていた。

   8月5日には架線の溶けた滑車の上にペットボトルが置かれた写真を投稿し、「これ焼き切ると下品盗賊150本おじゃん。。。ゆうか、そんなカヨワイカヨワイ電化バリアやで。TT」と犯行を示唆する内容が書かれていた。

   現場以外にも、JR東の路線図や職員の写真を1日に何度も投稿。鉄道に関して強い思い入れがあったのかもれない。

曲の歌詞には「燃やせ!燃やせ!燃やせ!」

   野田容疑者について、普段働いている様子はなかったとする知人の証言がワイドショーなどで取り上げられている。自身ではミュージシャンを名乗っており、フェイスブックにはバンドメンバーと一緒に、演奏をする様子をおさめた動画を投稿していた。

   すでに削除されているがバンドのサイトによると、「GUERILLA(ゲリラ)」と題した曲には

「燃やせ!燃やせ!燃やせ!」

という歌詞があるが、今回の放火との関連性は分からない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中