五輪エンブレム発表イベント費、都の負担はなし

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回された問題で、2015年7月に開催されたエンブレム発表会の費用約6900万円は大会組織委員会が全額負担することになった。舛添要一東京都知事が9月15日の定例記者会見で明らかにした。

   発表会は7月24日に都と組織委の共催で開かれ、報道によれば、当初は都が約7000万円を上限に費用を負担する契約になっていたという。撤回の経緯を踏まえ、組織委は都に負担を求めないことで合意した。

   一方、都が発注したエンブレム関連グッズなど約4600万円分のうち、すでに完成していたポスターの分など約600万円分は都の損失となった。パンフレットなど約3100万円分はデザインを差し替えるなどして対応し、約900万円分については業者と交渉中という。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中