強制的にダイエットさせる番組企画は問題 遠野なぎこ「集団イジメみたい」と批判

印刷

   女優の遠野なぎこさん(35)がダイエットを強要するテレビ番組企画について、「本当にダメ」とブログで釘を刺した。

   2015年9月15日に更新したブログで、先日見たというテレビ番組のダイエット企画を紹介。番組名や出演者は明かしていないが、とある芸能人が「体型をからかわれ強制的にダイエットを決意させられていた」という。

  • テレビのダイエット企画を問題視(画像は遠野なぎこさん公式ブログのスクリーンショット)
    テレビのダイエット企画を問題視(画像は遠野なぎこさん公式ブログのスクリーンショット)

「心の病気になってしまったら誰が責任を持つのか」

   遠野さんはこの企画を「あのさ...こういうの本当にダメだって。こんな集団イジメみたいな企画本当に良くないって」と問題視した。

   「痩せさえすれば綺麗になる」「体重の減少=美しさ」という価値観に異を唱える遠野さんだが、ダイエットするかどうかや、痩せていることをどう評価するかについては「個人個人の好きにすればいい」とする。

   ただ、健康上問題があるわけではない体型の女性に対し、「芸能界にいるのだから」「周りと比べて」といった「薄っぺらい理由」だけでダイエットをさせる企画については「乱暴」だと指摘。

   遠野さんはダイエットすることになった芸能人と面識があるそうだが、体型は太っているどころか、ぽっちゃりですらないそうだ。「単純に、芸能界で活躍する多くのタレント達が異常に痩せ過ぎている」だけだと述べ、

「これを機にその子が心の病気になってしまったら誰が責任を持ちますか?勿論誰も持ちませんよね?病気の末痩せた身体を晒させ『努力の結果』『美しい』と無責任に褒め称えるだけですよね?しかも、恐ろしい事にほんの一時だけ」

と、企画の無責任さを批判した。

摂食障害を振り返りながら「こちら側に来てはいけません」

   具体的な番組名やダイエットする女性芸能人が分からないこともあり、遠野さんが指摘する企画がどれほど問題視するに値するものなのかはいまいち分からない。「強制的に」という部分も台本ありきの演出とも考えられる。

   一方で遠野さんは、こうした番組の影響により、視聴者――特に若い女性などが無理なダイエットに励んでしまうことも危惧する。ブログでは

「ダイエットは誰かに勧められてするものではありません。誰かと比べてするものでもありません。...自分の意思で、自分の為にのみ行うのが『正しいダイエット』なのです」

と主張し、過食嘔吐や拒食など自らの摂食障害の経験を「地獄」と振り返りながら「薄っぺらい価値観に惑わされて、こちら側に来てはいけません。絶対に」と真剣に訴えかけた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中