2015年「トリプルスリー」はヤクルト・山田、SB・柳田が確実に 65年ぶりにセパ両リーグから

印刷

   2015年のプロ野球シーズンで、「打率3割」、「30本塁打」、「30盗塁」の同時達成をヤクルトの山田哲人、ソフトバンクの柳田悠岐が確実とした。この2人、今や野球少年のヒーローとなっている。

   この3部門の同時達成を「トリプルスリー」といい、大リーグでは、

「翼を持った長距離バッター」

と呼んで野球の理想選手と位置付けている。この記録がいかに難しいか。日本の球界では過去80年間で8人しかいない。

   三つの中でもっとも難しいのは盗塁だ。

   山田が今シーズン、30個目の盗塁を達成したのは9月6日。この時点で打率3割3分3厘、33本塁打。

   それから間もない15日、柳田も30盗塁を決めた。打率3割6分9厘、32本塁打がその時点での成績だった。

   本塁打と盗塁は積み重ねの記録なので減ることはない。打率は上下するが、両選手とも3割を切ることはまずない。30盗塁で快記録は決まり-というのはそういう理由からである。

   セ、パ両リーグから同じシーズンに出るのは珍しく、初めてこの記録が出た1950年(セ岩本義行、パ別当薫)以来となる。

   ついでに達成選手を挙げると、中西太、簑田浩二、秋山幸二、野村謙二郎、金本知憲、松井稼頭央。そうそうたるメンバーである。

  • 山田・柳田は野球少年のヒーローに(画像はイメージ)
    山田・柳田は野球少年のヒーローに(画像はイメージ)

オコエも目指す野球少年の「あこがれ」

   山田、柳田は打点でも上位にいる。このことは将来、盗塁王も兼ね備えた「三冠王」が生まれる可能性があるということだ。

   三冠王を記録した打者の多くは典型的な長距離打者で、いわゆる重量級。山田と柳田はスピードを持った中距離打者である。その意味ではこれからの野球界をリードする新しいタイプの打者といえよう。

   二人は野球少年のあこがれの的だ。完全にヒーローとなっている。

「山田、柳田のような選手になれ」

   指導者たちもそう言いながら教えている。

   つい最近、今夏の甲子園でブレークした関東一高のオコエ瑠偉がプロ野球志望届けを出したが、そのときにこう夢を語った。

「山田選手、柳田選手のような選手になりたい」

   これは高校球児の代表発言といってもいい。

   山田、柳田は今シーズンのMVPに選出(記者投票)されるだろう。柳田はリーグ優勝決めた17日の西武戦でウイニングボールをつかんだ。彼の今季を象徴しているフィナーレだった。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中