「日本サッカーの父」クラマーさん死去

印刷

   サッカー日本代表のコーチを務め、「日本サッカーの父」と呼ばれたドイツ人のデットマール・クラマーさんが2015年9月17日に亡くなった。90歳だった。ドイツサッカー連盟が発表した。

   1960年に来日。基礎練習の徹底で代表チームをレベルアップさせ、64年の東京オリンピックでは日本を8強に導いた。この時の教え子に釜本邦茂さんらがいる。リーグ戦の創設なども提言した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中