成田空港、8月は国内線初の70万人超え

印刷

   成田国際空港(NAA)の2015年8月の運用状況(速報値)によると、国際線と国内線をあわせた総発着回数は前年同月比1%増の2万746回、旅客数は4%増の363万658人で、それぞれ5か月連続で前年を上回り、過去最高を記録した。9月18日に発表した。旅客数は国際線が4%増の292万7764人で、このうち日本人は7%減の139万127人、外国人が28%増の111万7803人、通過客が7%減の41万9834人だった。

   外国人旅客は円安基調の継続や免税制度の拡充などによる訪日(インバウンド)需要増加などで100万人を6か月連続で突破。2年7か月連続で前年を上回り、8月として過去最高を記録した。日本人旅客は2015年3月以来、5か月ぶりに外国人旅客を上回った。

   一方、国内線の旅客数は5%増の70万2894人。4年1か月連続で前年を上回り、開港以来、過去最高を記録した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中