松本人志がネットで話題の「コミュハラ」に苦言 「このままじゃ、何も言えなくなる!」

印刷

   「なんか喋ってよ」「大人しいよね」――。こういった言葉が、他人とコミュニケーションを取ることが苦手な人への嫌がらせだと主張する「コミュハラ(コミュニケーションハラスメント)」という言葉がある。

   タレントらがテレビ番組でそれに苦言を呈し、ネット上で論議になっている。

  • 松本人志が、ネットで話題の「コミュハラ」に苦言を呈した
    松本人志が、ネットで話題の「コミュハラ」に苦言を呈した

「どんどん生き辛い世の中になっていく」

   視聴者から寄せられた「コミュハラ、どう思いますか?」という意見を取り上げたのが、2015年9月20日放送の「ワイドナB面」(フジテレビ系)だ。

   今回のコミュハラをはじめ、職場の権力を利用した「パワハラ」や、カラオケで他人への歌を強要する「カラハラ」など、ハラスメントと見なされる対象が急激に広まっている。このことに対して、番組出演者でタレントのヒロミさん(50)は、

「どんどん生き辛い世の中になっていくし、誰も何も言えなくなってしまう」

と否定的な意見を述べた。

   続けて、「従業員に対して、『彼氏できた?』なんて聞けないよね、セクハラになっちゃうから」と苦笑い。ジムの経営など実業家としての一面を持つ自身の経験から、職場などでのコミュニケーションが難しくなっていることを訴えた。

   また、番組のコメンテーターをつとめるお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(51)は「もうね、ハラスメント・ハラスメント、ハラハラですよ」と主張。何をしてもハラスメントだと批判される、現代の風潮それ自体が嫌がらせに感じると、痛烈に皮肉った。

視聴者からは、賛否両論の意見が

   さらに松本さんは、「人によっては『頑張ってください』という言葉ですら嫌味に感じてしまう」と、受け手によってハラスメントの基準が大きく異なることを指摘し、「これじゃあ、もうコミュニケーションなんか無理ですよ」と呆れ顔で語った。

   これに関しては、番組出演者の犬塚浩弁護士も、受け取った側の感じ方が関係するため、法的にも非常に判断の難しい問題だとした。

   番組を見ていた視聴者からは、賛否両論の意見がツイッターへ寄せられている。

   タレントらの考えに共感して、「コミュハラとか何かとハラスメントを付けて自分が不快に感じる事は全部ダメみたいな世の中になって来てる」「イヤな世の中になりましたよね~もう気を使って気軽に話せませんな」とする声が出た。

   一方で、「コミュハラこれはガチ 話すの苦手な人にとってこれはえぐいわ」「(コミュハラを)する側も、相手がどういう人か見て気付かないといけない」 などと、コミュハラ被害に理解を示す向きも根強くある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中