ふるさと納税返礼に「スバル車」は「高額納税者」優遇か 群馬県太田市のプランが頓挫

印刷

   群馬県太田市は、2015年10月からスタート予定だった、ふるさと納税の高額寄付者への返礼品として富士重工業のスバル車を贈ることを断念した。富士重工業側が提供の見送りを申し出たのが理由だ。

   太田市の清水聖義市長が2015年6月の記者会見で、製造拠点を市内に構える富士重工業のスバル車を贈る考えを表明していた。東京23区や政令指定都市、中核市の住民で500万円以上の寄付をした人を対象に、350万円相当のスバル車「レヴォーグ」「WRX S4」などを返礼品にしようとする計画だった。

  • 注目集まったスバル車での返礼は取り下げに(画像はスバルのプレスリリース)
    注目集まったスバル車での返礼は取り下げに(画像はスバルのプレスリリース)

地味な地ビールだけの返礼品しかなく

   これまでの太田市の返礼品は地ビール(寄付2万円以上で2本セット、3万円以上で3本セット、5万円以上で6本セット)しかなかった。全国の各自治体が肉類、魚介類、米、酒類などの地元特産品や、ダイビング、乗馬といったレジャーチケットなど豪華な返礼品を準備しているのに比べると地味な印象はぬぐえなかった。

   そこで返礼品の「目玉」にしようと、スバル車の贈呈を計画。太田市は富士重工業の企業城下町であり、その関連、取引企業も多く、都市対抗野球にも「太田市」の代表として毎年のように出場するなど、まさに市が誇る「地元ブランド」だからだった。

   自動車が返礼品というのは極めて珍しく、ネット上でも「車を贈るなんてすごい」「聞いたことない」「地元企業のPRだな」などのコメントが並び、世間から注目されるようにもなった。

   しかし、太田市との協議の結果、富士重工業側から「難しい」と、車の提供見送りが伝えられたという。

地元企業の富士重工業はイメージ悪化を心配

   太田市はスバル車の贈呈対象者として、年収1億円超の人を想定していたとされ、高額納税者の優遇とも受け取られかねない。また、寄付を集めようと全国で返礼合戦となっており、総務省は4月に各自治体に「高額または寄付額に対し返礼割合の高い返礼品」「換金性の高いプリペイドカード等」を贈らないよう要請したところだった。スバル車提供となれば、総務省の要請を無視したことにもなりかねず、富士重工業としてはスバル車のブランドイメージの毀損にもつながると判断したとみられる。

   他の自治体が豪華な特産品を返礼品として並べて寄付集めに邁進するなか、太田市としては最大の「特産品」であるスバル車をアピールする絶好の機会でもあっただけに「断念するしかないが、本当に残念」(関係筋)と無念さをにじませている。この間、ネットなどで話題になった分のPR効果はあったかもしれないが。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中