牛丼、一転値下げ相次ぐ 「300円」前後に

印刷

   「吉野家」「すき家」「松屋」の牛丼チェーン大手3社が、牛丼の値下げキャンペーンを相次ぎ実施する。牛丼並盛りの価格を50~80円の幅で値下げする。

   「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは2015年9月25日、29日から10月8日までの期間限定で牛丼全品を60円値下げすると発表した。通常350円の牛丼並盛りが290円になる。松屋フーズ傘下の「松屋」も同日、「プレミアム牛めし」を提供する店舗で10月15~22日、並盛りを通常の380円から50円値引き販売すると発表。また、吉野家ホールディングス傘下の「吉野家」は、10月1~7日に西日本の店舗限定で並盛り380円を300円に値下げして販売する。いずれも、期間限定のキャンペーンでの提供となる。

   牛丼は「デフレの象徴」といわれ、低価格が「売り」だった。牛丼チェーン3社は消費増税や食材の高騰などから牛丼の価格を引き上げたが、「安い」イメージが抜けず、値上げをきっかけに客離れを招いた。期間限定ながら値下げすることで価格志向の客層の来店につなげたい考えとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中