すごみを増してきた大谷と藤浪 プロ球界は久々の大型本格派投手の時代に

印刷

   大谷翔平、藤浪晋太郎の投球が一段とすごみを増してきた。投手陣が変化球全盛時代のプロ球界にあって、待望の大型本格派時代がやってきた。

   大谷は193cm、90kg。

   藤浪は198cm、88kg。

   いずれもデカい。堂々たる体格である。マウンド上の姿はまさに立派。ともに真っ向から速球を投げ込み、力で打者をねじ伏せる。ファンにとってはたまらないピッチングを見せている。

   この二人はプロ入り3年目の同期生で、2015年の今シーズンはそろって、大谷は日本ハムの、藤浪は阪神のエースにのし上がった。

  • 大型本格派時代がやってきた
    大型本格派時代がやってきた

どちらも20勝できる素材

   大谷は2015年9月27日のオリックス戦で15勝目を挙げ、最多勝のタイトルを確実とした。その時点で防御率2.24とし、防御率のタイトルも手にしそうだ。14勝目はチームのクライマックス進出を決めた試合だった。

「(15勝は)最低限の目標です」

   興奮するわけでなく、淡々と語る。もう大物の雰囲気だった。

   かたや藤浪は9月28日の巨人戦をスコア2-0でシャットアウトして14勝目をマーク。今季4度目の完封勝利が光る。この試合は終盤に執ような反撃に遭い、9回は2死2、3塁のピンチをしのいだ。

「(9回を抑えて)ホッとしたというのが正直なところ」

   クライマックス進出を広島と争うチームらしい、ぎりぎりの勝利といえた。

   大谷と藤浪には大きな期待がかかる。

「20勝できる素材」

   ほとんどの専門家がそう口をそろえる。その根拠は速球を軸とした本格派だからで、しかも完投能力を持っている。

東京五輪の2大エースの夢

   現在、プロ球界では多彩な変化球を投げ分ける投手が多いが、勝利数と敗戦数に差がないのは、勝負どころで抑えきれない弱さが同居しているからだ。その点、大谷と藤浪はここ一番で剛速球を投げる。抑える確率は高い。

   大谷は打者と投手の二刀流でデビューして大きな話題を呼んだ。

「160kmの速球を生かせ」「長打力を育てろ」

   こんな声が起きた。投打どちらでも大物、という評価なのだが、今季は投手専門とし、開幕投手がそのお披露目だった。

   藤浪はいうまでもなく高校時代に春夏連覇を果たした甲子園の申し子。そのプライドがピンチでの強さを支えている。

   本格派投手は年々減っている。背景には、打撃技術が進歩していることから、速球だけでは抑えられない事情がある。そんなときに速球を武器に勝負できる大谷と藤浪は、身体も大きく、大型本格派の魅力にあふれている。

「入場料をいくら払っても見たいピッチャー」

   来シーズンはそんなファンで球場はあふれるだろう。そして2020年の東京オリンピックでの種目復活の期待が高まる野球で、日本代表の2大エースの姿が見られる夢が膨らむ。

    

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中